オオカミブログ

ジーンズ、旅、映画 好きなこと色々。

映画『ロストバケーション』の感想 評価 名言 挿入歌-カミブロ式映画批評【iTunes 今週の映画 毎週レビュー】

マリリンモンロー 映画 

 

どもっ、ジンで〜す。

 

水曜日の今日は毎週恒例!

 

Apple iTunes Storeで毎週水曜日にAppleの偉い人たちが厳選してくださっているオススメの1本を、借りたその日にレビューしちゃおうぜ、という記事となります。

 

通勤通学の移動時間や待ち時間に毎週100円であなたの人生をカラフルに。

をモットーに頑張って記事を書いていきたいと思っています。

 

この記事を見てから借りるもよし、借りないもよし、いろんな使い方で楽しんで下さい🤗

 

 

 

今週紹介する映画はこちら👇

 

ロストバケーション

 

ロスト・バケーション (字幕/吹替)

ロスト・バケーション (字幕/吹替)

  • Jaume Collet-Serra
  • ドラマ
  • ¥1000

 

 あ、Amazonでも観れるみたいですよ👇

ロスト・バケーション (字幕版)
 

 

作品情報

 

原題:THE SHALLOWS

公開:2016年 

上映時間:86分

 

あらすじ

 

 

休暇で秘境のビーチに来た医者のナンシー(ブレイク・ライヴリー)は、サーフィンを楽しんでいた最中に脚を負傷する。何とか近くの岩場にたどり着いたものの、ナンシーの存在に気が付いたサメが周囲を旋回していた。海岸までおよそ200メートルだが、その岩場が満潮で海面下に沈むまであと100分。危機的な状況に追い込まれたナンシーは……。

-シネマトゥデイより

 

監督

 

今作を手がけたのはジャウム・コレット=セラ

 

Embed from Getty Images


代表作は『フライト・ゲーム』『ロスト・バケーション』『トレイン・ミッション

 

スペイン・カタルーニャ州出身。🇪🇸

 

18歳の頃に映画監督を志して渡米。

大学卒業後はCM制作に携わったのちに2005年に『蝋人形の館』で長編映画デビューした監督さん。

 

フライト・ゲーム(字幕版)

フライト・ゲーム(字幕版)

 

 

キャスト

 

ナンシー役のブレイク・ライブリー

 

Embed from Getty Images

 

 代表作は『ゴシップガール』『アデライン、100年目の恋』『ロストバケーション』。

 

アメリカ・カリフォルニア州出身。🇺🇸

 

1998年に映画『サンドマン』で女優デビュー。

 

2005年の映画『旅するジーンズと16歳の夏』で一躍注目を集め、2007年のドラマ『ゴシップガール』でブレイク。

 

夫は映画『グリーン・ランタン』で共演したライアン・レイノルズ

 

 

カルロス役のオスカル・ハエナダ

 

Embed from Getty Images

 

 代表作は『カンティンフラス』『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』『ロストバケーション』。

 

スペイン・カタルーニャ出身。🇪🇸

 

俳優業の他に監督業も行なっているそう。

 

2019年にアメリカで公開される『ドン・キホーテを殺した男(原題)』にも出演。

日本では公開されないのかな…。

 

 

予告編

 

www.youtube.com

 

観るのが楽しくなるプチ情報

 

f:id:JoeKurosawa:20190130165337j:plain

<映画.com>

 

何度でも観たいあのシーン

 

www.youtube.com

 

※閲覧注意 

 

映画の前半で出てくるシーンで、これをきっかけに一気に物語が加速していきます。

00:58~の部分は正直トラウマもの。

 

耳に残ったあの曲

 

Bird Set Free

Bird Set Free

  • シーア
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

今作の主題歌。

 

孤独と恐怖に打ち勝つという今作に通じる意思を感じさせる一曲で、思わず感情が高ぶります。

 

印象的な台詞

 

下を向いたら景色が見えない。

by タクシーの運転手

 

ネタバレありの感想

 

f:id:JoeKurosawa:20190130165340j:plain

<映画.com>

 

感想

 

徐々に迫ってくるサメと着実に落ちていく体力に思わず背筋がゾッとする。ブレイク・ライブリーの体当たり演技にも注目!』といった感じでした。

 

『う〜ん』なところ

 

  • それでも尺が長い

 

今作は上映時間86分という非常に短い映画になっているのですが、それでも長い…。

 

と、いうのもこの映画の特徴としてかなり『』が多いということが挙げられます。

 

ここで言う『間』というのはとあるキャラクターがサメの気配を感じ、怯え、サメと遭遇又は襲われるまでのことを表しているのですが、この『間』が登場する回数が多くかつ、非常に長い。

 

もちろん、『間』は長くても演者の演技力や音楽の使い方よって幾らでも名シーンになり得ます。

 

そして、その『間』を最高に効果的に使った映画のひとつが『JAWS』です。

 

あのじわじわと迫り来る不吉な音楽(フレーズ)は『JAWS』が今でも傑作と評される所以ともなっているのですが、今作にはそのような印象的なフレーズが全くなかった…。

 

今作は奇しくも『JAWS』がなぜ傑作なのかを世に知らしめる作品になったのかもしれません。

 

その点では良作と言えるでしょうか。

 

  • 驚きがない

 

もちろんサメが突然現れたりする場面では驚いたりもしますが、ここでいう"驚き"というのは斬新な魅せ方という意味での驚き。

 

印象的なシーンやカットが少しでもあれば良かったな、と思います。

ただし、サメに脚を噛まれた直後の血に染まった海の様子の刺激的な描写は最高でした❗️

 

映画のお供にどうぞ👇

 

良かったところ

 

 

f:id:JoeKurosawa:20190130165347j:plain

<映画.com>

 

人の好みは多種多様ですが、この人をブスだと言う人はほとんどいないのではないでしょうか。

ひょっとすると、『整い過ぎていて怖い』という方はいるかもしれませんが。笑

 

加えて、今作で際立ったのは彼女の見事なスタイル。

脚が細くて長いのにガリガリじゃない健康的なスタイルは本当にお見事。

それを見るだけでも今作を観る価値はあるのではないでしょうか。

 

あ、ビーチも綺麗ですよ。⛱

 

 

  • とはいえサメ映画は面白い

 

大方の筋が分かっていても面白いのがサメ映画の良いところですかね。

 

いつ襲われるか分からないハラハラ感や次々と仲間が殺されていくドキドキ感はサメ映画の醍醐味。

 

ストーリー性、脚本に魅力があるかと言われれば"NO"ですが、たまには軽く、難しい映画を観てみるのも良いですね。

 

オススメ度

 

100点満点中、、、72点‼️

 

参考:iTunes Store 5点満点中3.80

           Yahoo!映画   5点満点中3.58

    Filmarks      5点満点中3.50

 

一緒に見ると良いかもな作品

 

ジョーズ (字幕版)

ジョーズ (字幕版)

 

 

やはりこれは外せないでしょう。笑

大阪出身の自分としては小さい頃からUSJに通っていた事もあって思い出の一作でもあります。

JAWS』のせいで海にちょっとしたトラウマが出来てしまったのは僕だけではないはず❗️笑

 

 

『ロストバケーション』や『JAWS』とはだいぶ毛色が違いますが、こちらもサメが登場する映画です。笑

 

久々に見てみるのも良いのではないでしょうか。

 

今日のトオボエ

 

今回はジャウム・コレット=セラ監督作『ロストバケーション』をレビューしました。

 

来週以降も見に来てくだいさいね😊

 

ほな、また🤚

 

f:id:JoeKurosawa:20180325230432p:plain

オオカミブログ