オオカミブログ

ジーンズ、旅、映画 好きなこと色々。

【ジャパンブルージーンズ色落ちレポート vol.0】バックパッカーが毎日穿き込んで分かる色落ちレポート ~穿き込み0ヶ月~


JBJ ジャパンブルー

 

現在スペイン・バルセロナのマクドナルドで記事を書いているのですが、目の前のカップルが延々とイチャイチャしているのを見て、これが情熱の国なんだなと不思議と納得してしまいました。

 

どうも、ジョーです。

 

今回はジャパンブルージーンズの色落ち、ではなく穿き込む前の状態についての記事です‼ 

 

ジーンズに関する基礎知識はこちら👇

 

www.okamiblog.com

 

記事の流れ

 

 

商品情報

 

今回紹介するのは『JB0601-J』という型番のジーンズとなります。

 

ちなみに僕が現在穿き込んでいる(2017/9/1〜)モデルは『JBKY0601S-J』という昨年の夏に全国のJBJの直営店でのみ買えた『JB0601』の京都店限定バージョンなので、ステッチの色が通常の黄色ではなく抹茶色となっています。

 

あ、あと皮パッチも直営店限定のカッケー皮パッチとなっております。ドヤっ😎

 

とは言っても生地やシルエットは通常のものと全く一緒なので色落ちレポートには特に支障はないと思われますので安心してください👍

 

 


 

生地 

 

14.8oz アメリカ綿 ヴィンテージセルヴィッチ

 

ジャパンブルージーンズ 色落ちレポート

ジャパンブルージーンズ 公式HPより

ラフで武骨な生地を作るためアメリカテキサス産の綿を使用。

このアメリカ綿を、やや強めに紡績することで、さらに強度を高め、ムラの形状も少し激しめにしています。

糸の打ち込みを極限まで入れることで、穿き込んでも硬さが持続する「ジーンズのための糸」を作り上げました。

・硬さを追及したデニム
・コントラストのある色落ち
・赤耳(セルヴィッチ)
・綿100%

 -ジャパンブルージーンズ 公式HPより

 

実際に穿いてみた感想としては、始めはとにかく硬い

 

ただ2週間ほど穿くと慣れるのかそんなに硬さは感じなくなるな、という印象

糸番手は6×6(14.8oz)とのことですが、真夏はユニクロセルビッジジーンズと比べると少し暑いかな。🤔

 

とはいえ、真夏にジーンズを穿くという苦行はもう3年経験しているので個人的にはそこまで気にならなかった。

 

シルエット

 

ハイテーパード

 

ジャパンブルージーンズ 色落ちレポート

ジャパンブルージーンズ 公式HPより

ゆとりのある股上、ワタリと、裾に向かって一気に絞ったハイテーパードモデル。

太ももが大きめなスポーツマン体型の方でもシャープに穿いていただけるシルエットです。

・股上深いハイテーパードモデル

・クラシカルな5ポケットにヴィンテージ仕様のディテール

・INDIGOMAN シリーズ のブルーレザーパッチ、スレーキ仕様

 -ジャパンブルージーンズ 公式HPより

 

シルエットは最高。いや、極上。🎉

 

特にHP上に書いてあるような太ももが大きめなスポーツマン体型の方という条件にぴったり当てはまっている僕にとっては長年探し求めていた理想のシルエットでした。太ももやお尻のせいで穿けるジーンズが限られるけど、綺麗なシルエットのジーンズが穿きたいという人にすごくおすすめ。🙆‍♂️

 

今の所これ以上に、股上が深くてお尻と太ももにゆとりもある上で裾がキッチリ絞ってあるという自分の要求を満たしてくれている理想のシルエットのジーンズには出会えていません。

 

補足説明

 

ジャパンブルージーンズ 色落ちレポート

ジャパンブルージーンズ 公式HPより

JB0601-J』というジーンズをわかりやすく説明してくれている図。

 

この図すごく分かりやすいですよね。

他のジーンズブランドのHPもよく見るのですがここまで分かりやすいのは珍しいような気がします。

 

着用感、色落ち具合共にこの図の通りです。 

 

今日のトオボエ

 

本日は『JB0601-J』の色落ちレポート(vol.0)を紹介させて頂きました。

 

なんだか褒めすぎで少々気持ちの悪い記事になってしまっているような気もしますが、穿いて頂ければそれくらい褒めたくなる気持ちが分かってもらえるはずです。

 

皆さんのジーンズライフに新しい仲間を増やしてはいかがでしょうか😄

 

ほな、また🤚

 

オオカミブログ  カミブロ

オオカミブログ
オオカミブログをフォローする
トップへ戻る