オオカミブログ

ジーンズ、旅、映画 好きなこと色々。

映画『アバター』の感想 評価 名言 挿入歌-カミブロ式映画批評【iTunes 今週の映画 毎週レビュー】

カミブロ 映画

 

どうも、ジンで〜す。

 

水曜日の今日は毎週恒例!

 

Apple iTunes Storeで毎週水曜日にAppleの偉い人たちが厳選してくださっているオススメの1本を、借りたその日にレビューしちゃおうぜ、という記事となります。

 

通勤通学の移動時間や待ち時間に毎週100円であなたの人生をカラフルに。

をモットーに頑張って記事を書いていきたいと思っています。

 

この記事を見てから借りるもよし、借りないもよし、いろんな使い方で楽しんで下さい🤗

 

 

 

今週紹介する映画はこちら👇

 

アバター

 

アバター (字幕版)

アバター (字幕版)

  • James Cameron
  • SF/ファンタジー
  • ¥900

 

 あ、Amazonでも観れるみたいですよ👇

アバター (字幕版)

アバター (字幕版)

 

 

作品情報

 

原題:Avatar

公開:2009年 

上映時間:162分

 

あらすじ

 

 

下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられる。

-シネマトゥデイより

 

監督

 

今作を手がけたのはジェームズ・キャメロン

 

Embed from Getty Images


代表作は『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』。

 

カナダ出身。🇨🇦

 

トラック運転手をしていた1977年、『スターウォーズ』を観た影響で映画製作の世界に飛び込む。

1981年公開の『殺人魚フライングキラー』で映画監督デビューするが、途中で降板させられたため本人の中では黒歴史になっている。

1984年公開の『ターミネーター』『ターミネーター2』で大ヒットを記録し、映画監督としての確固たる地位を築く。

1997年公開の『タイタニック』では歴代興行収入1位を記録し、自身もアカデミー賞監督賞を受賞するなど名実ともに名監督の仲間入りを果たす。

 

タイタニック (字幕版)

タイタニック (字幕版)

 

 

キャスト

 

ジェイク役のサム・ワーシントン

 

Embed from Getty Images

 

代表作は『ターミネーター4』『アバター』『タイタンの戦い』。

 

イギリス出身。🇬🇧

 

2000年公開の『タップ・ドッグス』で映画俳優デビュー。

2009年公開の『ターミネーター4』での演技が評価され今作のジェイク役を掴む。

 

ターミネーター4 (字幕版)

ターミネーター4 (字幕版)

 
タイタンの戦い(2010) (字幕版)
 

 

グレイス(博士)役のシガニー・ウィーバー

 

Embed from Getty Images

 

代表作は『エイリアン』シリーズ『ゴーストバスターズ』シリーズ『ワーキング・ガール』。

 

アメリカ・ニューヨーク州出身。🇺🇸🗽

 

1977年公開の『アニーホール』で映画女優デビュー。

1979年公開の『エイリアン』でエレンリプリー役を演じ、一躍有名に。

1988年公開の『ワーキング・ガール』でゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞。

 

ゴーストバスターズ (字幕版)
 
ワーキング・ガール (字幕版)
 

 

予告編

  

www.youtube.com

 

観るのが楽しくなるプチ情報

 

カミブロ 映画

<映画.com>

 

何度でも観たいあのシーン

 

www.youtube.com

 

なかなか強烈なラブシーン。

 

このシーンが印象に残っている人はかなり多いのでは?

 

耳に残ったあの曲

 

 

今作の主題歌にあたる一曲。

 

当時の映画に対する熱狂ぶりに反してあまり流行らなかったような記憶があるけれど、今作の世界観がよく表現されている印象的な曲かなと思い、紹介しました。

 

印象的な台詞

 

ひとつの人生が終わり、別の人生が始まる。

 

by ジェイク

 

ネタバレありの感想

 

カミブロ 映画

<映画.com>

 

感想

 

斬新かつ独特なタッチで描くSF。映画史において重要な作品であることは間違いなし。一見の価値あり。』といった感じでした。

 

『う〜ん』なところ

 

  • キャラクターデザイン

 

2009年公開時に映画館で鑑賞した際にも思いましたが、キャラクターデザインがどうしても好きになれない。笑

 

ブルーの肌をしたナヴィ族、熱帯雨林を思わせるような惑星パンドラは共に魅力に欠けるように思えます。

スターウォーズ』に影響されて映画監督を志したという背景を持つジェームズキャメロン監督としては自身も魅力的なキャラクターや世界観の創造を目指したのでしょうが、そのどれもが逆効果になっていると感じました。

 

  • 今見るとそうでもない 

 

2009年公開当時によく言われていた『3D元年』。

 

僕自身、当時の『アバター』や『3D映画』に対する世間の熱量は覚えていますし、いざ観たときに映像の美しさに圧倒されたこともはっきりと覚えています。

 

ただし、(技術的に)映画史において重要な作品であることを差し引いても、3Dが最先端だった時代が過ぎ映像表現の一部になった今、あまり斬新さや魅力は感じられませんでした。

 

  • 脚本が安易

 

これは既に多くの方が指摘している点なのであまり深くは言いませんが、『善vs悪』的な安易な対立構造や語り尽くされた社会風刺描写はあまり好きになれません。

 

映画のお供にどうぞ👇

 

良かったところ

 

カミブロ 映画

<映画.com> 

 

 

あくまで2009年公開時という意味ですが、初見時のインパクトは凄かった。

 

魅力的かどうかは置いておくとして一度観たら忘れられない印象的なキャラクターや斬新な世界観は数年に一度級の作品だったことは間違いありません。

 

ただ、今作の評価はそれくらいです。笑

 

オススメ度

 

100点満点中、、、70点‼️

 

参考:iTunes Store 5点満点中4.10

           Yahoo!映画   5点満点中3.82

    Filmarks      5点満点中3.40

 

一緒に見ると良いかもな作品

 

 

今作と同じジェームズキャメロン監督作ですが、僕は『ターミネーター』の方が好みでした。

既に観たという方も多いかもしれませんが、何度観ても色褪せない映画だと思うのでもう一度見るのはいかがでしょうか。

 

 

言わずと知れたSF映画の金字塔ですね。

文句なしに面白い作品なので自信を持っておすすめできます。

 

今日のトオボエ

 

今回はジェームズキャメロン監督作『アバター』をレビューしました。

 

来週以降も見に来てくだいさいね😊

 

ほな、また🤚

 

f:id:JoeKurosawa:20180325230432p:plain

オオカミブログ